生活スタイルの見直し

ドクター

糖尿病という病気はインスリンが発見される前までは、発病後5年から6年間ぐらいしか生きられない難病の一つでした。糖尿病の多くは遺伝とも関係があるといわれています。この糖尿病で苦しんでいる人が小岩にもたくさんいらっしゃいます。また遺伝とともに肥満や運動不足ストレスなどといった、誘因が加わると発症してしまいます。日本では糖尿病患者が増え続けておりこの病気の誘因となる生活スタイルの改善が大きな課題になっています。小岩でも生活スタイルを見直しこの病気にならないように生活習慣に気を付けている人もいることでしょう。糖尿病だと診断された時にはいろいろな方策を用いてできる限り症状の進行を食い止めなければなりません。数年前であれば薬などがメインとなっていましたが、近年は免疫療法といった治療法も活用できるようになったのです。免疫療法は副作用も少なく体への負担も軽度なので多くの人から人気を集め始めています。

小岩でもこの糖尿病の治療を行っている病院がたくさんあり生活習慣の改善とともに、その症状を改善するために頑張って治療を行っています。 糖尿病の治療はインスリン不足によって上昇してしまった血糖値を下げることに、最大の治療の目的が設定されています。また症状が進むにつれて出てくるのどの渇き、多尿、疲労感などといった症状の改善も大切なことになってきます。糖尿病を軽く考えて治療を怠ってしまうと確実に症状は悪化してしまい目が見えなくなったり、尿にタンパクが出てきたりして、合併症も起きやすくなってきます。小岩に住んでいる人も健康診断などで尿にタンパクが出ているという診断結果が出た時には迷わずに糖尿病を疑ってすぐに医師の診療を受けるようにしてください。

Copyright© 2017 腰の痛みと足のしびれを発生させる腰部脊柱管狭窄症に注意 All Rights Reserved.