骨のスカスカを防ぐ

病院

骨粗鬆症は骨に関する病気で骨折などをしやすくなっているという事を知っている方は多いでしょう。しかし、その原因やなぜ骨が折れやすくなってしまっているという方は少ないようです。主な骨粗鬆症の原因としては加齢が原因となっています。骨粗鬆症は女性に多い病気とされていますが、女性の場合、骨密度が一番よい状態が18歳頃だと言われています。これ以降40代まではほぼ一定の骨密度を保つので少し転んでしまっただけで骨が折れてしまうような事態にはなりません。しかし、50代に入るとホルモンバランスなどの崩れが原因で骨密度が低下してしまうので注意が必要になってきます。骨密度が低くなってしまうと少し転んでしまっただけで骨折や頸椎椎間板ヘルニアなどの大怪我をしてしまう可能性があるので治療に取り組んでいきましょう。骨には人間を支える役目というものがあるので常に良い状態を保とうとする新陳代謝を行なう力があります。この新陳代謝は新しい骨を作るために古い骨を分解して新しい骨を作っていくのです。しかし、身体が老化してくるとこの力がどんどん衰えてくるので骨密度が低くなり骨粗鬆症や頸椎椎間板ヘルニアになってしまうのです。この骨粗鬆症の治療方法としては骨を形成するためにカルシウムやビタミン類などを多く摂取できる食事を積極的に摂取する食事療法や筋肉に負荷をかける事によって身体を支える力をつけるための運動療法などもあります。このような食事による治療と運動による治療を効率良く行なうために補助的な役割を持っている治療が薬物療法です。薬を摂取する事によって骨吸収を防いで骨量を増やす事ができる治療薬や骨吸収で起こる骨の新陳代謝を助ける薬などがあるのでこれらを用いて治療しましょう。また、骨に関する病気は骨粗鬆症だけではありません。現在中高年に多いとされるのが頸椎椎間板ヘルニアです。頸椎椎間板ヘルニアは髄核が神経根を圧迫してしまうことで起こる病気となっており、それによって肩こりや腰痛といった様々な症状が現れるのです。症状によっては激しい痛みとなり歩けなくなってしまう可能性があるため、早めに治療しましょう。

Copyright© 2017 腰の痛みと足のしびれを発生させる腰部脊柱管狭窄症に注意 All Rights Reserved.