救急車

腰痛やしびれを感じたら

胃がんを含めたがんは、完治したとしても他の箇所にがん細胞が転移して別のがんを起こしてしまうという恐れがあるのです。そのため、完治してもその後の検査を行うことが必要となるでしょう。

男女

早めの治療

すい臓がんの検査ではCTや内視鏡などが用いられることが多く、複数の検査を組み合わせて確定診断が行なわれます。すい臓がんは発見しにくいことが指摘されており、リスクの高い方は普段から注意をすることが大切なのです。

診察室

早めの気付きが大切

睡眠時無呼吸症候群には2種類あります。またそれぞれの種類によって最適な治療方法を、医師と相談しながら選択していくことが出来ます。自分が継続して行なえる治療方法を選択しましょう。

男女

みんなの悩み

日本人の多くが悩んでいる症状といえば花粉症です。シーズンによってツライ症状に襲われることとなってしまいます。ただ、免疫療法の様な改善方法もありますので自分に合った方法を取り入れましょう。
看護師

適切な医療機関を受診

しこりの有無だけで乳がんかどうかを判断してはいけません。湿疹やただれができたときも、疑ってみることです。また、良い医師を選ぶときは、公的なホームページを参考にするといいでしょう。乳腺専門医や専門の医療施設が掲載されています。

ドクター

生活スタイルの見直し

糖尿病を放っておくと、目が見えなくなったり合併症を起こしてしまいます。そうならないためにも健康診断で尿にタンパクが出ているという結果が出た人は、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。小岩には糖尿病を診察する病院が多く存在しています。

女性

胆のう腫瘍を知る

胆のうがんは初期症状に乏しく、早期発見には検診や人間ドックを定期的に行うことが必要です。胆のうがんは黄疸の症状が特徴ですが、この段階では進行していることが多いです。治療は外科手術が基本であり、化学療法は有効ではありません。外科治療後の予後もそれほど良くはないことがあります。

診察室

肺がんの脅威

肺がんは、早期発見がしにくい病気です。加えて、転移率も高いがんの一種であるため咳が続くといった症状があるのあれば必ず検診を受けることが大切だといえるでしょう。早期発見で、がんの転移の可能性を下げることが出来ます。

病院

骨のスカスカを防ぐ

積極障害とは食事に関する障害だと思っている方が多く、治療方法も食事療法などが行われるというイメージがありますが、心の病である摂食障害は基本的に対人関係療法や行動認知療法が用いられます。

体の異常に気づく

女医

腰痛は多くの人が悩まされている症状ですが、その痛みの種類はさまざまで、痛みの原因もさまざまです。 腰痛を引き起こす原因の1つに、腰部脊柱管狭窄症というものがあります。腰部脊柱管狭窄症は、脊椎の中にある脊柱管という部位が狭くなることで起こる疾患です。腰の痛みのほかに足腰のしびれ、灼熱感などの症状を伴うことがしばしばあります。最も特徴的な症状は間欠跛行といって、歩いているうちに痛みやしびれが耐えがたいほどになるが、しばらく座って休んでいると治まり、再び歩き始めてしばらくするとまた症状がぶり返すというものです。 腰部脊柱管狭窄症を治療するには整形外科を受診します。放置しておくと重症化して歩行困難や排尿障害などを引き起こすことがあるため、早めの受診が推奨されます。

脊柱管とは背骨の真ん中を通っている管状の空間のことで、その中を血管や神経が走っています。腰部脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなり、神経が周囲の骨に圧迫されることで起こります。原因は先天性の場合や椎間板の変形による場合などがありますが、多くは加齢に伴って背骨が老化することによるものです。 腰部脊柱管狭窄症の治療は、理学療法が中心となります。消炎鎮痛剤等を併用しながら、運動療法・牽引療法・温熱療法などによって症状を改善します。重症の場合は神経を圧迫している骨を削る外科手術が行われることもあります。 また、日常生活の動作に気をつけることである程度症状をやわらげることができます。立ち仕事をする際は痛みを感じないような姿勢を保つ、外出時にはステッキを利用するといった工夫が有効です。

Copyright© 2017 腰の痛みと足のしびれを発生させる腰部脊柱管狭窄症に注意 All Rights Reserved.